会社の行き遅れBBA(ババア)主任とオフィスで最後まで楽しんだ体験談

私は会社に入って間もなくて何も知らない状態です。
しかしながら、女上司がつきっきりで教えてくれていました。

その女上司は美人なのですが仕事に厳しいため、誰も男性社員は近寄ろうとせず、
会社の行き遅れBBA(ババア)と言われている人でした。

ある日、会社に行くと朝が早かったらしくて上司と2人になりました。
もともと身体が気になっていた私はそのまま上司の元へ行き無理やり胸を揉みました。
案外柔らかくて気持ちよかったです。行き遅れBBA主任も抵抗せずにもっとやってと言わんばかりでした。なので思いっきり胸を揉み、そのあと服を脱がせていきました。

オフィスのど真ん中で人が来るかもしれないという恐怖感のまま続けていきました。
どんどん服を脱がせていき、全裸にさせました。その後に自分が全裸になりました。

その後に乳首を吸っていきました。とても乳首が好きで吸っているだけで興奮していきました。

その後に乳首が大きい会社の行き遅れBBAは逆に自分に対して胸を思いっきり自分につけていきました。
これはもうめちゃくちゃ興奮しましたねww

乳首がもともと好きな自分にとっては最高のサービスでした。その後に挿入したくなりましたがそろそろ人が来そうだったので急いで服に着替えました。

何食わぬ顔でその後は仕事をしていたのですが、朝の事が気になって仕事どころではありませんでした。
そして夜になり、敢えて残業して2人になりました。この時を待っていた自分は急いで行き遅れBBAの元へ駆け寄り無理矢理服を脱がせました。

そして胸を揉んでそしてその勢いで挿入しました。意外と締りが良くてびっくりしましたら、そしていきました。気持ちよかったです。
その後は何もなくて仕事の上司として接していますが、いい思い出です。